FC2ブログ

waniの投資ブログ

結婚後に資産運用の大切さを感じ、インデックス投資やETF投資をするようになった、新米パパのブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

PageTop

証券優遇税制廃止でどうする?

来月2014年1月で現在の証券優遇税制が廃止され、本則の20%に戻ります。

waniの保有資産は、リスク資産に限るとプラス50%!になってます。
本年中に売却すれば10%なので、当初は年末年始のタイミングで全額をNISA口座と一般口座でVTへリレー投資しようと考えていました。要はクロス取引ついでにリレー投資をしようという算段でした。

しかし、これでは結構日にちが空いてしまうので、価格変動のリスクが大きいし、クロス取引は長期で見ると逆に損になるケースがあるようなので、VTへの全額のリレー投資は見送ることにしました。

で、どうするか。

NISA口座で100万円分ほどVTを購入することにし、年末に各インデックス投信を80万円分を売却することにしました。

ここで80万円にしたのは、VTの分配金が1600ドルほど貯まっているからです。

なお、今後は積み立てているインデックス投信の損益がプラマイゼロになるタイミングでNISA口座へリレー投資する予定です。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

PageTop

NISA口座について

久々のブログ更新です^^;

3月のブログ更新以来、相場は天井を付けて反落し、
年末にかけてじわじわ上昇してきて現在に至ります。

その間もwaniは淡々と毎月2日にインデックス投信を自動積立してきました。
先進国株と新興国株の比率は若干調整しましたが、
毎月の積み立て額は変えていません。

割安な水準と判断した時には追加購入をしていますが、今年は一度も追加購入していません。

さて、タイトルに書いたNISA口座についてが今日の本題です。
結局現在メインで利用している、SBI証券でNISA口座を開設しました。

いろいろ考えた結果、NISA口座で海外ETFのVTを買おうという結論に達しました。
そして、FXから1枚単位ではあるものの現引きができ、
1枚に満たない場合も、住信SBIネット銀行経由なら片道9銭で米ドル調達できる、
SBI証券に決めました。

口座開設の連絡があった後に、
マネックス証券が米国株の特定口座対応が発表され、
ちょっと後悔しましたが。

特定口座になっても外国税額控除の確定申告は必要だし、気にしないことにしました(笑)
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

PageTop

日本版ISAについて

年明けから更新をサボってましたが、
少し余裕ができてきたので再開します。

さて、来年2014年から少額投資非課税制度である
「日本版ISA」がスタートするようです。

ただし、中身を見てみるとなかなか複雑です。

SBI証券のサイトがコンパクトにまとまっていたので、
リンクを貼っておきます。
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=none&dir=info&file=home_info130130.html

・軽減税率10%に変わる個人投資家への税制優遇策として導入される
→配当金や譲渡益に対する税金は本来20%のところ軽減税率で10%になっていましたが、
2013年12月末で終了します。その代わりにってことみたいです。

・2014年から10年間、毎年100万円の投資額に対して5年間非課税になる
→配当金、分配金、譲渡益が5年間非課税。ただし再投資額が100万円を超えた場合は非課税対象外。
5年間の非課税期間が終了した時点で保有する金融商品はロールオーバーできる。


簡単にまとめると上記のような感じです。
年100万円は月額83,333.333333....円です。
月額だと結構な金額です。
waniの毎月の積立額は35,000円なので、かなり余裕があります。
公社債投信も投資OKならMMFを積み立てて拠出額を増やせるのですが、
投資できる商品は株式投資信託や上場株式に限定されるっぽいです。
う~ん悩ましい。

分配金に税金がかからないので、毎月分配型投信を買って
分配金再投資ってのもありだとは思います。
その場合上限100万円に気をつける必要がありますが。
証券会社はここぞとばかりに毎月分配型投信を売りつけるでしょう(笑)

waniはむしろ譲渡益非課税がETFリレー投資に向いていると感じました。
2年前にリレー投資を実行して以降、
税効率がよい損益プラスマイナスゼロのタイミングがうまくやって来ず、
現在はむしろプラス40%近くまで来ています(^^;
譲渡益非課税であればこんなことを考えず、リレー投資できます。


結論としては、、、
現在のメイン口座であるSBI証券にISA口座を開設する。

今までどおりのインデックス投信を、今までどおりの金額で毎月積み立てる。

100万円くらい積み立てたらETF(米国)にリレー投資。


waniはこれで行きたい思います。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

PageTop

VTの分配金が出ました。

12月27日に、米国ETFのVTの分配金が出ました。

米国での税金10%と日本国内での税金が10%引かれて、296.55ドルが入金されました。

そして、この分配金全額は早速米ドルMMFの買い付けに回しました。

買付けた外貨MMFは、現在積み立てているCMAM外国株式インデックスeと
野村インデックスファンド・新興国株式(Funds-i)などの
売却代金(リレー投資用)とを合わせて、次回のVTの買付け資金に充当します。

なお、米国での税金10%は外国税額控除の対象ですので、
一部にはなりますが確定申告をして取り戻します。

VTの分配は前回10月の分配時より、年4回に変更されています。
毎月分配よりはマシですが、分配が増えるとDRIP対応して欲しいなぁ
と思ってしまいます。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

PageTop

12月分の投資完了!

毎月2日に、投信積み立ての注文を自動で出しているのですが、
12月4日に約定いたしましたので報告いたします。

野村インデックスファンド・新興国株式  \5,000(数量: 5,372口、基準価格:\9,308)
外国株式インデックスe  \25,000(数量:24,667口、基準価格:\10,131)

計\30,000を新たに積み立てたことになります。

今月から新興国株式の積み立てファンドを野村Funds-iに変更しました。
先月より円安が進んでいるので、いずれのアセットクラスも基準価格が
さらに上がってます。お安く買えなくなってきてます。。。

来年は久々に円安の年になるかもという話ですが、
淡々と積み立てて、リスクオフ局面では追加買い付けをできたらなと思います。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。